ログイン | English | ヘルプ

現在地

利用案内

◆開館時間

 ・月曜日~金曜日 9:00~19:00
 ・土曜日     9:00~13:00
   (夏休み、冬休み、春休みは別時間帯) 
 ・休館日    日曜日、国民の祝日、年末年始、その他図書館長が必要と認めた日
   ※開館時間の変更や休館については掲示やホームページの開館カレンダーを確認してください。

◆資料の館内閲覧

 ・閲覧室に配架されている開架資料は、自由に取り出して閲覧できます。
   閲覧後は図書を必ず請求記号(背ラベル)の順にもとの場所へ返してください。
  もし、もとの場所がわからない場合はカウンターまで返してください。
 ・書庫内の資料(雑誌、新聞、紀要等)を利用したい場合は、カウンター備付の「館内閲覧申込書」に記入し、カウンター
  に申し込んでください。
  (書庫内は立入り禁止。本学教員のみ可。)
 ・雑誌は、一定期間の後、合冊製本を行いますので、その間利用できないことがあります。

◆資料の館外貸出

 ・学生証をカウンターで提示し貸出手続きを行って下さい。
 ・学外の方で貸出を希望される方は、身分証明書を提示の上、カウンターで「貸出利用カード」の申し込みを行ってください。
  
◆貸出冊数・期間

 ・学部の学生、科目等履修生、研究生は、一度に5冊までとし、貸出期間は2週間までとします。
 ・大学院生、大学院科目等履修生、大学院研究生は、一度に10冊までとし、貸出期間は1ヶ月間までとします。
 ・学外の方は、一度に3冊までとし、貸出期間は2週間までとします。
  ※ただし、事情によっては、返却期限内でも返却を求めることがあります。 

◆貸出できない資料

 ・「禁帯出」「貸出不可」ラベルが貼ってある図書
  (参考図書:百科事典・事典・辞典・便覧・年鑑・地図・資料集・教科書等)
 ・雑誌、紀要、判例集、新聞、視聴覚資料(CD、DVD、ビデオ等)
 ・館内閲覧の多い資料、貴重図書、研究室所在図書

◆返却

 ・貸出図書をカウンターまたは返却ボックスに返してください。
 ・必ず期限内に返却してください。

◆予約

  貸出中の図書は予約することができます。カウンターに申し出てください。

◆貸出延長

  借りている図書は返却期限内にカウンターに持参して延長を申し出れば、貸出延長できます。
  (ただし、その図書に予約がない場合に限ります。)

◆図書の紛失・破損

  借りた図書を破損させたり紛失した場合は、現物で弁償していただきます。
  いずれの場合も速やかにカウンターに申し出てください。

◆図書の検索

  当館が所蔵する図書などの検索は、外部からもインターネットで検索することができます。
  図書館TOPページ「https://www2.takaoka.ac.jp/library/」の「館内資料検索(OPAC)」から利用できます。

◆複写(コピー)

  図書館の資料は、その一部を、調査・研究の目的で、著作権法の定める範囲内で複写することができます。
  複写の際は、必ず、備付の「文献複写申込書」に必要事項を記入し、提出箱に入れてください。
  なお、図書館内のコイン式複写機は、本学図書館資料をコピーするためのものです。
  ノートや私物の図書のコピーは禁じます。

◆購入希望

  「購入希望図書申込書」に必要事項を記入し、カウンターに提出してください。
  図書委員会で購入の可否を検討したのち、申込者に連絡します。

◆レファレンス・サービスについて

  学習のために必要とする図書や雑誌その他の逐次刊行物についての調査、文献照会、または他の機関の利用等
  については、係員に相談してください。

◆必ず守ってもらいたいこと

1. 館内では、身分証明書(学生の場合、学生証)を常に携帯し、係員が求めた場合は呈示してください。
2. 館内では、静粛にし他人の迷惑になるような行為は慎んでください。
3. 館内で飲食、喫煙、携帯電話による通話などはしないでください。
4. 貴重品はいつも身に付け、途中で館外に出るときは、荷物や本を置き去りにしないでください。
5. 返却期限は厳守してください。
6. 図書の切り抜き、損傷、落書き、紛失などは絶対にしないでください。

※館内では係員の指示に従ってください。ルール違反や係員の指示に従っていただけない場合、利用をお断りすることがあります。